« IP over IEEE1394 | Main | ごたびクラムシェルモード »

2004.01.13

MacのWPA

AirMac ExtremeでWPAが使えるようになったけど、暗号方式はTKIPだけでAESが選べない。

TKIPはWEPと同じRC4という弱い暗号を使いながら、一定期間ごとにキーを変えるなど、いくつかの工夫で強化している。そのため、従来のWEP対応機器でもファームウェアやドライバのアップデートで対応可能。一方のAESは強い暗号だけど、ハードウェアで対応する必要がある。

リンクシスを含め、たいていの802.11g機器はAESに対応できてる。なのに、AirMac ExtremeがAESを使わないのはなぜか。ハード的には、他社でも使ってるどこぞのチップを使ってるはずだから、対応可能だと思うんだよね。

従来のAirMacでもWPA対応を考えているから、かもしれない。Macらしく、選択肢を増やさず単純化するために、Extremeでしか使えないAESをあえて使わないようにしたとか。

希望的推測ね。

|

« IP over IEEE1394 | Main | ごたびクラムシェルモード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3680/96465

Listed below are links to weblogs that reference MacのWPA:

» AirMacの暗号化強度 [Monologue]
自宅サーバを居住空間から離れた場所に設置するために現在のネットワーク構成の一部を無線LANにしたくなったので、 WLA2-G54C(無線LANアクセスポイント - 親機)と WLI3-TX1-G54(メディアコンバータ - 子機)を購入しました。メーカーは、無線LANには力を入れているらしいバ.... [Read More]

Tracked on 2005.05.09 at 02:04 AM

» WinとMac・・・暗号化設定の違いに苦戦。 [TOY COZY MUSEUM 別館]
同僚と無線LANのハナシをしてて、“暗号化”なる設定のWinとMacでの違いについての話題になり、ふと考えてみると、その... [Read More]

Tracked on 2005.06.24 at 02:14 AM

« IP over IEEE1394 | Main | ごたびクラムシェルモード »