« イノセンス | Main | ナイトメア ビフォア クリスマスのデジタル リマスター版だって »

2004.09.17

ファインディング ニモ

この映画と「イノセンス」とは、海苔せんべいと手長海老のフィットチーネくらい期待する物が違うわけだが、おいしかったのはこっち。すごくおもしろい。

単純なストーリーと単純なテーマで残る謎もないが、登場するキャラは皆魅力的。個性的で暖かみがあるが、皆どこか足りない所があるってのは今風の人物像なのかな。ストーリーにキャラを合わせるよりも、キャラに合ったストーリーになってると言うか、よく考えられてる。

絵的な魚描写としては、ツッツーと後ずさるところや、目の動きなんてとても魚的なのに、擬人化された表情が豊か。頬のふくらみや、眉間から瞼にかけての筋肉の動きで表現する表情は3Dならでは。まあ、脚本が良くできてるから、2Dのアニメで作っても充分面白い物になったと思うけど。

英語を聞いて分からない人は、日本語吹き替えで見た方がいいと思うが、木梨憲武のマーリンと室井滋のドリーの声が嵌まりすぎてて、いつまでも耳に残るかもしれない。ドリー最高。

|

« イノセンス | Main | ナイトメア ビフォア クリスマスのデジタル リマスター版だって »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファインディング ニモ:

« イノセンス | Main | ナイトメア ビフォア クリスマスのデジタル リマスター版だって »