« August 2004 | Main | November 2004 »

2004.09.17

ファインディング ニモ

この映画と「イノセンス」とは、海苔せんべいと手長海老のフィットチーネくらい期待する物が違うわけだが、おいしかったのはこっち。すごくおもしろい。

単純なストーリーと単純なテーマで残る謎もないが、登場するキャラは皆魅力的。個性的で暖かみがあるが、皆どこか足りない所があるってのは今風の人物像なのかな。ストーリーにキャラを合わせるよりも、キャラに合ったストーリーになってると言うか、よく考えられてる。

絵的な魚描写としては、ツッツーと後ずさるところや、目の動きなんてとても魚的なのに、擬人化された表情が豊か。頬のふくらみや、眉間から瞼にかけての筋肉の動きで表現する表情は3Dならでは。まあ、脚本が良くできてるから、2Dのアニメで作っても充分面白い物になったと思うけど。

英語を聞いて分からない人は、日本語吹き替えで見た方がいいと思うが、木梨憲武のマーリンと室井滋のドリーの声が嵌まりすぎてて、いつまでも耳に残るかもしれない。ドリー最高。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

イノセンス

先着購入特典のおまけDVDがついてくるから、思わず予約して買ってしまった。

おまけには、イノセンスを見る前編と見た後編の解説が入っていて、それぞれ10分ぐらいかな。見る前編には義体やゴーストなどの用語解説が入ってる。前作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を見てないか、見ても忘れてしまった人にね。で、忘れたわけでもないのに見る前編を見たのは失敗。ネタばれではないが、いくつか印象的な場面が出てきてしまう。

まあ、それはそれとして、イノセンス。面白くない。草薙素子じゃなくバトーが主人公だから、華が無いのがいけないのかな。魅力的なキャラあってこそ、だよねえ。テレビシリーズなら、たまにはこういう回があってもいいけど、単独で続編で映画で作るには足りないなあ。強いて上げるなら、深田恭子似の「人形」はちょっと良かった。あの、広角レンズ撮影風にアップになる時の顔がいい。

絵はね。3DCGばりばりの場面はすばらしいんだが、人物があいかわらず2Dだから不自然。あそこまで立体感を出したいなら、人物も立体にしないと変じゃない?

おまけDVDの見た後編には、分かりにくかった所の解説と、何度も見て謎を解きましょう、みたいな言葉が。

何度も?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

*ist DS

出た!

レンズ交換式一眼レフデジカメは、*ist D以外は大きくて魅力ないと思いつつ、ちと高価だし、ピントが甘いような評価もあって買うまではいかなかった。DSになって、実売10万を切るとは、すばらしい。あとは評価記事にどう出るかだね。11月発売だから悩む時間は充分ある。

ただ最近、手ぶれ防止機能つきデジカメも良いなと思い始めていて、その機能があるならレンズ交換式でなくても良いかと考えたりしてたり。そう、レンズ交換式かつ手ぶれ防止付きは、まだ高いから。

ペンタックス *ist DS

コニカミノルタ DiMAGE A200

コニカミノルタ α-7 DIGITAL

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

千と千尋の神隠し

「ジブリの映画をDVDで順番に見るプロジェクト」は、ここに書かないままに「もののけ姫」の手前まで行って止まってる。実は、かなり前に買ったままだったUS版をやっと見ることができたので、今回は「千と千尋」。この映画見るの11回目だったかな。ちなみに、買ったのはamazon.comだけど、送り先が日本だからリージョンコードが違うけどいいのかってしつこく表示されたよ。

ディズニーが英語版の吹き替えをしたんだけど、その声優がいいってことで買ったわけだ。映像が赤くないってのもあったし。英語音声+英語の字幕を出して見たけど、なかなか良かった。日本版より説明的なのは文化の違いだね。文化も坩堝なアメリカだから、わかり易さが大切なんだろう。たとえば千尋のセリフ「あっ」てのが英語版で「ハクは○○なんだ」と含みも何もなく言い切ってる。

ところで、US版は英語だけで日本語音声は入ってないと思い込んでたけど、入ってた。オリジナルが日本語なんだから入っていてあたりまえだったね。オープニングタイトルとエンドクレジットも英語と日本語と切り替えできる。特典映像の日本テレビで放送されたメイキングも日本語音声で入ってるし。日本版はレンタル用しか知らないが、とりあえず、日本版を別に買う予定はキャンセル。得した気分。

というわけで、今度は日本語で12回目。飽きないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | November 2004 »