2005.08.08

デシカント式除湿機は臭い

除湿機を買ったんだけど、出てくる風にプラスチック臭があって、使用数時間後には部屋の空気も臭くなる。始めだけかと思ったが、なかなか消えない。ひょっとして製造ミス?

検索してみたら、価格.comの掲示板にけっこう出てる。デシカント式はもともと臭いんだそうだ。人によっては気にならない人もいるようだが、煙草を吸わない人だったらわかるだろうね。

除湿機にはデシカント式とコンプレッサー式が有る。コンプレッサー式は気温の低い冬に使えないというのが最大の欠点。一方デシカント式は冬の結露が防げ、洗濯物の部屋干し乾燥もできるという優れた機能がある。ということで救世主でもあるのだが、臭いという欠点も知っておかないとね。商品説明で、部屋の気温が高くなるという欠点の説明はあっても、臭いについての説明が無いのはいけない。

必要な人は覚悟して買おう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.27

腐ってもハイビジョンテレビ (2)

その前に置く台が必要だった。あまり高いものだと、せっかく掘り出し物のテレビを買った意味が無くなるが、テレビよりも長生きする家具が安っぽくてはいけない。まあ、安くてもそう見えないのが理想的。きのうあわてて買ってきたんだけどね。

来た来た来た。ハイビジョンテレビが来たよ。パナソニックのTH-28D30。代わりに古いパナソニックとさようなら。そういやうちのメインテレビは1959年の初代からずっと松下製だね。今度が5号機。28型は、売り場では小さく見えたが、うちで見るとでかい。画面の縦幅は、従来21インチより少し大きい。

買う前に気づいていたが、よくよく見るとプラスチックにメッキした部分の一部がわずかに禿げている。展示品だったのだろうね。その他は意外なほどきれい。そして、2002年製の表示。調べてみたら、この機種は2002年8月の発売。だから、一年半ほど映され続けて来たとして、その分寿命が短いのは覚悟の上。売り出し時の希望販売価格は24万円。しかし現在は、地上波デジタル未対応の旧型として、ネット上の最安値では10万を切る価格もある模様。で、その半額で買えたわけだ。

なにはともあれ、まずはハイビジョン放送をとBSアンテナを繋ぐが映らない。あれ、デジタルは違うんだっけ? 「アンテナの設定を確認」と言われてもリモコンが無いし。では地上波放送を。あ、1chと3chしか映らない。チャンネル設定なら本体にボタンがあるけど。て、ボタン押してみたらアンテナ設定もメニューにあるじゃん。アンテナ電源が入ってないだけだった。

うほほほ。きれい。きれいだよハイビジョンは。解像度はもちろん高いのだが、ちょうどやってた料理番組で、料理と仕上げにかけるソースのスプーンとの数センチの間で微妙にピントが動くのがわかる。高校野球では、背景が速く動く場面で画面が荒くなるようだが、時間軸方向の圧縮をしてるのかな。

さて、気になってた地上波アナログ放送。ハイビジョンと比べれば明らかに荒いし、画面が大きくなったことも荒く見せているが。試しにPS2を繋いで、いつもの「みんGOL4」を始めてみたら、ほえー、まるで違うゲームというかゲーム機のように、くっきりはっきりみごとに映ってるよ。アンテナの分配器を買ってこないとサンヨーの20インチと直接比べられないが、地上波アナログ放送もずっときれいなはず。ハイビジョンテレビは再生能力が高かったのだ。
(液晶式の場合は、ハイビジョンと解像度が違うアナログ放送がぼやける可能性があるね。プラズマ式はどうなんだろう。04.4.23)

リモコンは、とりあえずビデオのリモコンに松下のテレビの設定をしたら使えるようになった。電源、音量、チャンネルと入力切り替えができる。不便なのは、地上波放送とBS放送の切り替えができないこと。あとは、画面のコントラストの調節がしたいなあ。メリハリはあるんだが、白も黒も強すぎ。結局、純正リモコンを買う事になるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

腐ってもハイビジョンテレビ

違う物を買ったついでに、某所のアウトレットコーナーが最終日ってことで、安売りの匂いにつられて行ってみる。従来の値札に重ねて新しい値札が貼ってある。安いね。閉店まで1時間を切って、手書きで「表示価格より20%引き」なんて張り紙まである。

今のうちのテレビは、10数年前に買ってチューナーが壊れてるパナソニックの21インチ。ビデオデッキを繋いでる。これはけっこうきれいに写るしステレオで音もいい。もう一台は貰い物。そう古くはないがメイドイン中国とかで時代に逆行する球面度の高いブラウン管のサンヨー20インチ。二つ並べて同時に違う番組を見てたりするのだが。パナソニックは時々画面が横一文字の明るい筋一本だけになったりして、ほとんど寿命。ところが、サンヨーの方ったら、調整してもコントラストが強くならず発色も良くない。これだけをずっと見続けるのは辛いものがある。球面だし。だから、そろそろ次の一台が欲しいところ。

テレビ好きのわたしとしては、ハイビジョンテレビはずっと欲しかったのだが、20万を切って買い時が来たかと思ったら、世の中すっかり薄型テレビの時代に。安くても40万するよね。高いじゃん。

さて、アウトレット。棚のほぼ半分が空いている。あるのは売れ残りかな。プラズマテレビもあるが、安くなっても高いね。ブラウン管式は、ハイビジョンは少ないのだが、パナソニックの28インチが70,000円だって。てことは2割引いて56,000円か。なになに、リモコンが付いてないって。だから安いのか。メーカーから取り寄せればいいのに。なるほどね。安いね。

買ってもいいかもしれないと考えながら、コンピュータのモニタのところへ。上段の液晶モニタはきれいさっぱり無くなってるが、下段にソニーの17インチCRTモニタ1600x1200が19,800円、の2割引き。おお。うちの17インチは実用1024x768だからなあ。買うか。って、今更CRTなら色調節が厳密なナナオ製がいいって思ってたじゃないか。「安物買いの銭失い」になるぞ。てなわけで、頭を冷やしに他の売り場に。その間に売れてしまったらしょうがない。

モニタは今すぐ必要ないからやめるとして、ハイビジョンテレビは悩む。これだけ安ければ、数年後に薄型テレビが手頃になって買うまでの繋ぎにもなる。デジタル ハイビジョン チューナーなみの値段だし。テレビの前に戻って悩む。奥行きはかさばるが、28インチの画面は小さくないかな。うちの21インチの縦幅とどっちが長いんだろう。写ってるのは地上波の一般放送だけど、ハイビジョンの画質はどうなんだろう。ハイビジョンテレビで一般放送を見てもきれいじゃないとどこかで読んだが、そうだろうか。なんだか画面のコントラストが強いみたいだが。でも、まあ、安いし、買いかな。

買う人が多すぎるのか、忙しそうな店員の一人をやっと捕まえて、まずは質問。
「これは20%引きになるんですよね」
「はい」おもむろに電卓を出し、たたんたんたん、「税込でこうなります」、[58000]
おお、懐かしい秋葉スタイル。
「D4端子ですか」D4の意味を厳密に知ってるわけでもないのだが、気になったので質問。
テレビを斜めにして裏を見る店員、「そうです」
「リモコンが付いてないんですね」
テレビのまわりを調べる店員、「そうですね」、たたん、「取り寄せると1万くらいしますから」、たたたん、「これで」、[48000]
おおおお。そう来たか。
「リモコンは汎用タイプが3千円くらいで売ってますから、それを使われてもいいですし」、追い打ちをかける店員。
「うん。はい。じゃあ、これください」

取説等リモコン以外の付属品を先に貰って帰る。配達は土曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)