2004.03.17

Qちゃん落選

ファンとしてはショックなのだ。日本陸連はずっと実績主義できて、瀬古は失敗、有森は成功ってところだったわけだが。よりによって世界一実績のある高橋尚子を選ぶ段になって、いきなり選考会の結果だけで選ぶことにしたってのはどうかしている。選考基準を変えたのはまだいいとしても、そのことを事前に周知していないのは大問題。

高橋尚子の才能と能力が図抜けているのは誰もが認めるところ。「選びたくても選べなかった」「苦渋の選択」だとは笑わせる。選考委員が囚われているのは、周知もせずに自分たちで決めただけの判断基準なのだから。そんなものはその場で変えればいいことだろう。

確かに、前日の土佐選手の走りは凄かった。日本人選手にありがちな、あっさりと首位を明け渡してしまう淡白さがなく、一位になることへの執着がひしひしと伝わってくる走りだった。しかし、金メダルを狙うってことは、「打倒ラドクリフ」なのだよ。残念ながら高橋以外の選手にそれができるとは思えない。土佐選手が本番で驚異的な粘りを見せたとしても、それで抜き返せるような相手ではないだろう。

本来、世界最高の戦いが見られるのがオリンピックの醍醐味なのだが。こうなったら、どこかで「高橋 VS ラドクリフ」を実現してほしい。最高のコンディションの高橋とラドクリフなら、どちらが勝つにしてもすばらしい戦いになるはずだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)