2005.01.24

リーグ オブ レジェンド

「海底二万マイル」のネモ船長はニモ船長だったのか。カクレクマノミが船長だと全然違う話になるが。そうじゃなくて、「ファインディング ニモ」のニモと同じ名前だったのね。Captain Nemo。

船長の他には、ジキル博士とハイド氏とか、ドリアン グレイとか、トム ソーヤとか。様々な物語の中の登場人物を実在するものと仮定して勝手に集めてきたわけだ。そのアイデアは面白いし、ショーン コネリーが主役の冒険物ってことだけで期待させる物がある。いくつになっても存在感あるね。

細かいこと言うと、ノーチラス号の外側のデザインはかっこ良かった。わたしの持っていたイメージとはかなり違うが。でも船の中は平凡。ハイドの筋肉がいかにもハリボテなのは、なんとかならなかったのか。

で、そこそこ面白かった。足りないのは登場人物の魅力と後味かな。「正義」の側の暴力が過剰なんだよね。アメリカくさいと言うか。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.16

DVR-iUN8W (Mac編)

I-O DATA製のUSB2.0接続の外付けDVDドライブね。書き込みできるDVDドライブは初めて買った。DVDってメディアとの相性がシビアで焼き損ないがけっこうあるらしい、ってことで中身のドライブが定評あるNEC、ND-2510Aなので安心かな。DVD+R 2層2.4倍、DVD±R 8倍、DVD±RW 4倍なのは一世代前だけど。ま、安売りしてたから買ったのだから。

Mac対応でないのは付属ソフトが対応してないからで、中身のND-2510AはToastが対応していて、Macでも使える模様。Toast持ってない場合はどうするかって、OS X未対応のドライブをFinderやiTunesやiDVDで焼けるようにする手があった。要はそのドライブのデータをOS Xに登録すればいいらしい。

最初に見つけたのが「裏技」を行う手。ND-2510Aの場合どう書くんだろうと探していたら、もっと簡単な方法があった。「PatchBurn」という専用のフリーソフトを作った人がいた。

ドライブを繋いで電源を入れた状態でPatchBurnを起動すると、接続してるドライブのリストが出てくる。ND-2510Aを選んで「Install」をクリックするだけ。iBookを再起動しドライブも電源入れ直す。めでたくシステムプロファイラでディスク作成が可能との表示。裏技と同じようにhoge.drprofileというファイルが作られた。裏技と違い、なに書いてあるか読めないドライブデータがかなり沢山書いてある。

さて、PatchBurnを使っても、すべての機能が使えるとは言えないらしい。DVD+R 2層なんてどうなんだろう。とりあえず、唯一持ってるメディアのDVD+RWでFinderからの書き込みテストは成功。パケットライトができると便利なんだけど、OS Xの機能には無いよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

イノセンス

先着購入特典のおまけDVDがついてくるから、思わず予約して買ってしまった。

おまけには、イノセンスを見る前編と見た後編の解説が入っていて、それぞれ10分ぐらいかな。見る前編には義体やゴーストなどの用語解説が入ってる。前作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を見てないか、見ても忘れてしまった人にね。で、忘れたわけでもないのに見る前編を見たのは失敗。ネタばれではないが、いくつか印象的な場面が出てきてしまう。

まあ、それはそれとして、イノセンス。面白くない。草薙素子じゃなくバトーが主人公だから、華が無いのがいけないのかな。魅力的なキャラあってこそ、だよねえ。テレビシリーズなら、たまにはこういう回があってもいいけど、単独で続編で映画で作るには足りないなあ。強いて上げるなら、深田恭子似の「人形」はちょっと良かった。あの、広角レンズ撮影風にアップになる時の顔がいい。

絵はね。3DCGばりばりの場面はすばらしいんだが、人物があいかわらず2Dだから不自然。あそこまで立体感を出したいなら、人物も立体にしないと変じゃない?

おまけDVDの見た後編には、分かりにくかった所の解説と、何度も見て謎を解きましょう、みたいな言葉が。

何度も?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

千と千尋の神隠し

「ジブリの映画をDVDで順番に見るプロジェクト」は、ここに書かないままに「もののけ姫」の手前まで行って止まってる。実は、かなり前に買ったままだったUS版をやっと見ることができたので、今回は「千と千尋」。この映画見るの11回目だったかな。ちなみに、買ったのはamazon.comだけど、送り先が日本だからリージョンコードが違うけどいいのかってしつこく表示されたよ。

ディズニーが英語版の吹き替えをしたんだけど、その声優がいいってことで買ったわけだ。映像が赤くないってのもあったし。英語音声+英語の字幕を出して見たけど、なかなか良かった。日本版より説明的なのは文化の違いだね。文化も坩堝なアメリカだから、わかり易さが大切なんだろう。たとえば千尋のセリフ「あっ」てのが英語版で「ハクは○○なんだ」と含みも何もなく言い切ってる。

ところで、US版は英語だけで日本語音声は入ってないと思い込んでたけど、入ってた。オリジナルが日本語なんだから入っていてあたりまえだったね。オープニングタイトルとエンドクレジットも英語と日本語と切り替えできる。特典映像の日本テレビで放送されたメイキングも日本語音声で入ってるし。日本版はレンタル用しか知らないが、とりあえず、日本版を別に買う予定はキャンセル。得した気分。

というわけで、今度は日本語で12回目。飽きないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.28

ナイトメア ビフォア クリスマス

ひさびさ。最近ヤフオクとかビッダーズとか、うろうろしてるんだけど、全然関係ない物を探していてナイトメア ビフォア クリスマス関連のグッズにたどり着いた。好きな映画なんだよね。

コレクターズエディションのDVDがあるってことで、収録された特典映像を見たくなったけど、すでに品切れだね。コレクターズ版じゃない通常版も品切れなのは不思議だけど。しっかし、コレクターズ版なんて、定価3,990(税込)が16,000円以上で取引されてるのは、すごすぎ。買える時買わなかったのが悔しすぎて、その値段では買えないよ。

amazon.comでみると、アメリカ版はコレクターズ版でも15ドル弱で売ってるってのに。それを買っても、日本語字幕も吹き替えもなしってのが最大の問題。リージョンコードも問題だが、それは、まあ、なんとかする予定。

クリスマス物として、毎年11月に通常版DVDが重版されるみたいだから、コレクターズ版もまた出るかも知れないけどね。この映画だったら日本語なくてもいいかな。ちと思案。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.04

24 -TWENTY FOUR

cover
24 -TWENTY FOUR

24時間で起ったことを、1話1時間分ずつ、24回で放送したテレビドラマ。地上波でもこないだ放映してたが、BS FUJIで、なんと24時間連続放映!BSデジタルってまだまだ暇だねえ。

5月3日午前0:00からスタート。1話分は実質50分ほどで、コマーシャルと一話ごとの7分の休憩がある。午前10:00までは頑張って見たが、そのあとは録画。こんなときには、長時間録画ができるHDDレコーダが欲しくなるね。時間差再生もできると便利。

録画したものも一気に見たんだけど、疲れるよ。そもそも、1話ずつ放映されるように作った物だから、1時間ごとに何かハラハラするような事が起って、解決して一段落、と、またまた事件が起こって、どうする主人公、次回へ続く、というペースなのだから。アホキャラにいらついてくるのも自分が疲れてるから。憎まれキャラは嫌っていればいいが、アホキャラは同情されたり保護したくなる役割のはずが、こんな疲れてるときにやめてくれ、って気分になる。そうまでして見ることもないのだが、続きがあるとつい見てしまう。

面白かったけど、かなり強引な展開だね。主人公の公私混同ぶりもすごいし。主人公役のキーファー・サザーランドは、知ってる顔だと思ったらドナルド・サザーランドの息子か。似てる。

本編放送後にメイキングも放送された。1話目から順番に撮影して行って、俳優は2話先の台本までしか渡されずに、先のわからない状態で演技してたってのが面白い。仲間内に裏切り者がいるって設定だから、自分でも立場を知らずに演技してたりするわけだ。

セカンドシーズンが出てるんだってね。見るよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.02

ロード オブ ザ リング

cover
ロード・オブ・ザ・リング

しかし、よくも、まあ、これだけ壮大な嘘(フィクション)を妄想できたものだね。来る日も来る日も妄想の中に何時間も入り込んで構想したんだろうか。現実とは別の世界を緻密に作り上げるなんて、いまさらながら小説家はすごいと思う。ふつーの人ではない。

物語は、良いリングを探しに行くのかと思っていたら、悪いリングだったのね。悪い物を貰ってしまって処分に困る。要は、有害廃棄物を所定の場所に捨てに行く物語。かな。先になってどうなるか知らないが。

まずは、ロケ地となったニュージーランドの雄大な自然がすばらしい。謎の石像が立ってたりするけど。われわれ、全然知らない土地だからいいけど、たとえば富士山の火口が秘密基地になってたりする映画がすごく嘘っぽく見えるように、現地の人が見ると変なのかもね。しかし、あの2つの石像、向かい合わせの対称形になってないのは、すごい違和感。ゲートのような場所に立っているのだから、入ってくる者に対してなんらかのメッセージを持っているはず。通過する時点で背後を通るなんて、国を守護してるとしたら隙があり過ぎ。遺跡好きとしては気になる点。

で、この映画も冒険なんだけど、主人公のフロドが使命感を持って悲壮な決意で臨んでる“まじめさ”が少し辛いかもしれない。楽しい物語じゃないんだよね。苦難に満ちた旅だから。そう感じるのは、まだ冒険が終わってないからかもね。早く次を見て終わらせなくては。

NHKのBSハイビジョンで放送されたのを見た。ハイビジョン放送の映画を見たのは初めて。特別版の長い方だからこっちだね。

cover
ロード・オブ・ザ・リング — スペシャル・エクステンデッド・エディション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.01

PS2でDVD (3)

アニメ映画のプログレッシブもダメだった。

よく見たら動く部分に細かく横筋が入る。コーミングだね。てことは、使えるのは実写映画だけかな。まだ試してないけど。

きれいに再生したいなら、それなりのDVDプレーヤーが必要ってことか。プログレッシブでの再生具合が重要だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.30

PS2でDVD (2)

プログレッシブ設定にするのを忘れてた。

PS2のDVDプレーヤーの設定だが、どこにあるか分かりにくい。再生を止めたときに出てくる数字とアイコンが4段に並んだところから。アイコンが小さくて見づらいし、見えても意味が推測しがたいのはどうにかならないかと思うが、その中に「設定」アイコンもある。DVDは連続再生状態ではダメで、停止ボタンを2回押して止めておくのがポイント。プログレッシブを「入」にし、ついでにドルビーデジタルも「入」。

さっそく2Dアニメ映画を再生してみたが、きれいになったようなならないような。ベタ塗りの多いアニメでは差がわかりにくいのかな。

で、ビデオ撮影のDVDを再生。これは全然ダメ。動く物の輪郭がぶれてしまって見られたもんじゃない。走査線一列置きに左右にずれてる感じ (コーミング)。PS2のDVDのプログレッシブ再生は、ビデオ撮影ものでは使えないのだった。映画のDVD専用だね。

プログレッシブの解除は、リセットを押してすぐにSTARTボタンを押しつづけ、DVD再生が始まるまで待てばよいのだが、頻繁にオンオフしそうなわりに、開始設定が奥にありすぎるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PS2でDVD

D端子ケーブルを買ってきた。さっそく繋いでみる。最初に試して見るのは見慣れたみんGOL4だよ。

すごい。明らかに鮮やかになってる。色がはっきり出てるね。見比べないと分からないかと思っていたが、ここまで差があると比べるまでもない。ま、もとがAVケーブルだから差が大きいんだろうけど。S端子はその中間くらいなのかな。ちなみに、ソニー純正じゃなくて「技」とかいう太いケーブル。少し安かったし。

DVD用リモコンも買った。これも純正ではなく「厳選された34個のボタン」の売り文句で決めた、GAMETECHのDVDリモコンPi34。確かに純正はボタン多すぎ。必要なボタンが必要ないボタンに埋もれてる感じ。価格も500円ほど安かった。

さーて、これでDVD見まくるぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧